スポンサードリンク

長崎県出身の日系イギリス人作家のカズオ・イシグロさん(62)が2017年のノーベル文学賞を受賞!長崎で生まれ5歳の時に家族で渡英。

ノーベル文学賞カズオ・イシグロさん-長崎で日本人両親の元に生まれ5歳の時、家族でイギリスへ

2017年のノーベル文学賞を長崎県出身の日系イギリス人で作家のカズオ・イシグロさん(62)が受賞。スウェーデン・アカデミーが10月5日に発表。
アカデミーによると授賞理由は「彼の小説は、偉大な感情の力をもって、我々の世界とのつながりの感覚が、不確かなものでしかないという、底知れない奈落を明らかにした」などとのこと。
イシグロさんへの授賞式は12月10日にノルウェーのストックホルムで行わる。
受賞賞金は900万スウェーデンクローナ(約1億2400万円)。

1954年、日本人を両親として長崎で生まれた。5歳の時、海洋学者の父がイギリス政府に招かれたのを機に家族で渡英。ケント大卒業後、ミュージシャンを目指した時期もあった。イースト・アングリア大大学院の創作学科に進み、批評家で作家のマルカム・ブラッドベリの指導を受け、小説を書き始めた。

82年、被爆後の荒廃した長崎で結婚した女性を主人公にした「遠い山なみの光」で長編デビュー、王立文学協会賞を受賞。この年、英国籍を取得した。86年には、長崎を連想させる架空の町を舞台にした第2作「浮世の画家」でウィットブレッド賞を受賞し、若くして才能を開花させた。

日本を題材とする作品には、幼いころ過ごした長崎の情景や小津安二郎、成瀬巳喜男ら50年代の日本映画から作り上げた独特の日本像が反映されているといわれる。

89年、執事が語り手となった「日の名残り」が英語圏最高の文学賞とされるブッカー賞を受賞。35歳の若さで英国を代表する作家となった。その後も「わたしたちが孤児だったころ」「わたしを離さないで」などを発表、映画・舞台化もされ話題を呼んだ。

登場人物が抱える「むなしさ」「違和感」といった感情を、現時点から過去を回想する形で描き出す作品が多い。初期2作品はいずれも戦後の日本を舞台にしていたが、その後はイギリスや東欧などに作品世界を広げている。最新長編作に「忘れられた巨人」(15年)がある。【高橋咲子】

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171005-00000097-mai-soci

カズオ・イシグロ-インタビュー-2017ノーベル文学賞受賞-動画

(広告は動画右上の「×」をクリックすれば消えます)

代表作「わたしを離さないで」。原題は「Never Let Me Go」

インタビューでは新作の「忘れられた巨人」について話しておられます。

忘れられた巨人 [ カズオ・イシグロ ]

価格:2,052円
(2017/10/5 22:39時点)
感想(2件)

沢山素晴らしい作品がありますが、メジャーどころは「わたしを離さないで」なんでしょうか。

2010年にキャリー・マリガン、アンドリュー・ガーフィールド、キーラ・ナイトレイ主演、マーク・ロマネク監督で映画化されました。イシグロさんも製作総指揮で参加。

(広告は動画右上の「×」をクリックすれば消えます)

日本でも、原作のキャシーを綾瀬はるかが演じたドラマ化もされましたね。

(広告は動画右上の「×」をクリックすれば消えます)

ノーベル文学賞は村上春樹ではなくカズオ・イシグロだ!

毎年「候補だー」と騒がれる村上春樹。実は候補では全然ないとの噂もありますが。

イシグロさんイギリス人ですが、日本をルーツに持つ作家がノーベル文学賞。世界のKazuo Ishiguro! あ、ノーベル賞受賞前から世界のイシグロでしたが。
とにかくめでたいです!!

これを機会にみんな本をよもうー。わたしも、、、

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク