スポンサードリンク

草むらなど野外に生息するマダニによる感染症で女性が死亡。マダニ感染症に感染した猫にかまれたことが原因?!

野良猫を保護しようとして?!「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の恐怖

厚生労働省の24日発表によりますと、「草むらなど野外に生息するマダニが媒介する感染症に感染した」にかまれた女性が死亡したとのこと。

ダニが媒介となって引き起こされる

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)

が猫などの哺乳類を介して人に感染し死亡したことは世界で初めてとのことです。

 国立感染症研究所によると、平成28年5月~7月、弱った野良猫を保護しようとした西日本在住の50代女性が猫にかまれた。女性に重大な持病などはなく、約10日後に死亡した。半年後に感染研が女性の検体を受けて精査したところ、猫を介してSFTSを発症した可能性が高いことが分かった。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170724-00000545-san-hlth

 

猫は室内飼育に!

猫が悪い訳ではありませんし、症例は「世界初」です。
しかし、猫は猫自身のためにも室内で飼ってやった方が良いようです。

名無しさん
こんなこと今まで聞いたことない
マダニどうなってんだ
スポンサードリンク
名無しさん
健康に問題ない人でも死んじゃうんだ。
私も猫好きで良くノラちゃん触るけど、こんな危険もあるんだね。
我が家の元ノラ二匹はもう外出てないし平気かな。定期的に検査連れてかないと。
名無しさん
虫って意外と軽視しがちだけど注意が必要だな
無視しちゃだめだ
名無しさん
よく見たら、昨年の事件・今頃?と思うけど、マダニが話題になっているので、今持ち出したのかな?
どちらにしても、弱っている野良猫を保護しようとした優しい方が、それが原因でお亡くなりになるなんて、お気の毒です・・・
本能寺の変
実はヒアリよりもマダニの方が危険
名無しさん
きっと優しい女性であっただろうに。
可哀そうだし残念。
何かに感染した猫に妊婦が噛まれて出産した赤ちゃんに影響があると言うようなニュースもあったし、気を付けないと。
猫が悪いわけではないから、猫を保護する人も自分の身の安全を守りつつ行って欲しい。
名無しさん
猫はマダニで死なないのかな?
名無しさん
優しさがあだになってしまった、と言っては表現が軽すぎるかも知れないが、とにかく気の毒としか言いようがない。
今更だけどこの女性のご冥福をお祈りします。
名無しさん
ヒアリよりよっぽど危険やん
名無しさん
明確に猫経由ってわかるものなのかな。
猫にかまれた証明は簡単だけどマダニにかまれていないっていう証明は100%信頼できるものなの?
名無しさん
猫の放し飼いはやめましょう。
名無しさん
その野良猫はどうなったのか。
亡くなった女性の症状はどうだったのか。
産経の記事はいつもそうだけど、大事な部分に触れず危険性だけを煽るのはやめてほしい。
名無しさん
ヒアリやマダニがいること前提に、防虫スプレーや噛まれた時の対処法などを広く知ってもらうことが大事。
特に小さい子供がいる家庭は注意しなければ。
猫神
猫のせいではない。
マダニ。
名無しさん
マダニ怖いな
死亡率高過ぎでしょ
名無しさん
某テレビが、アリよりも、スズメバチやこのマダニはもの凄く危険だと森田医師が言っていた。
名無しさん
昔、子供の頃は夏になると半袖半ズボンで草むらなんかでよく虫捕りをしてたけどマダニがいるから草むらは危険なんて聞いたこともなかったな。
匿名
その感染した野良猫自体はどうなったん?
名無しさん
こわ!!そりゃあ野良猫ならダニくらいいるよね・・・飼い猫でも外に自由に出られるようにしていたら、マダニをもらってくるかもしれない。怖いね
名無しさん
ウチで猫を飼い始めてからは、外で野良猫をさわるのはやめた。
変な病気をもらってきて、ウチの猫にうつしちゃったら大変だから。
スポンサードリンク
名無しさん
マダニに刺されないこと
刺されたら医療機関にすぐ行くこと
無理に取るとちぎれる
名無しさん
猫を介在して感染したと言う事だけど、猫は発症してなかったのかな?もう少し詳しく知りたいですね。
名無しさん
厚労省の通知を読んだところ、
このように感染する場合は猫も具合が悪くなっているので、ぐったりしている患畜には注意とあります。つまり保菌ではなく発症している状態だと感染するということでしょうか。
元気な野良猫に噛まれた=感染ではないことに留意してください。
また、犬も同様のリスクがあるようなので、わんこのほうがお散歩する分、注意がいるのではないでしょうか。
どちらにせよ大変稀な事例で、そうそうあることではないようです。厚労省もいたずらに情報伝達しないよう注意しています。
このニュースの書き方では不安を煽るだけのようですが。
犬猫の虐待に繋がりませんように。
名無しさん
その猫が感染していたどうかの記載がないのだから無意味の記事。
猫にかまれる前に草むしりとかしててマダニに気が付かずに猫にかまれた可能性もあると思う。
名無しさん
マダニ怖い。優しい女性のご冥福お祈りします。
猫が悪い訳では決してないし
野良猫が皆持ってる訳ではない。
ただ、私も保護したりするがワクチン打ってない訳だから気をつけないといけないね。
野良猫自身も、好きで年中外にいる訳ではないのに、飼い猫より寿命が短い。
名無しさん
マダニにってそんなに身近にいるのかなぁ。草刈りはフル装備でしなきゃね〜
名無しさん
オークションも、ダンボールが衛生的でないことが多いから、注意が必要だ。
蜂須賀双六
怖い出来事だが、猫の虐待の口実にされる懸念もある。
佐村河内小保方片山野々村佐野絵音宮崎乙武
ゴールデンウィークの山登りで、マダニにヘソの中を噛まれて、皮膚科でレーザーメスで切ってもらいましたよ。。。
先生も、35年医者をやっているが、ここを噛まれた患者を見たのは初めてだと笑っていました。。。
WTF
家にも犬猫が居て、自由に家の中を移動出来る。特に犬が散歩時にマダニを連れて帰ってきて、自分も過去に何度も噛まれている。兎に角痒くて治りが遅いのが特徴。しかし、重症化した事は一度もない。体質によって重症化するようなので、SFTSの耐性を簡単に検査出来るようになって欲しいね。耐性の無い人は野山に近づかず、ペットの管理も注意するようにすれば良い。こうゆう報道が出ると、一律に動物に対する偏見が助長されそうで残念だ。
名無しさん
患者が亡くなってから半年経ってから検体提出、さらに半年近く経ってから公表。こんなに時間がかかった理由が知りたい。
名無しさん
実家が山奥で十数年犬飼ってたけどマダニめちゃめちゃいたよ
たまに自分の腕に食いついてた事もあって子どもだったから知らずにとってたけど健康被害はなかったな
ここ数年で進化でもしたのか
名無しさん
父親が数年前、マダニにかまれた。
取ってしまったマダニを保管して、地元の保健センターに行ったら、「おおげさな…」という反応で取り合ってくれなかったそう。
症例は少なくても、そういう危険があるということがもっと周知されてほしい。
父親は大事に至らなかったし、その後長い間かゆみが残った程度だった。
名無しさん
生まれてこの方ずっと田舎暮らしで子どもの頃はそこらへんの綺麗な川の水も飲んでいた。だけど、問題になったような記憶は無い。
なぜ、最近は闇雲に自然界との接触でこうも人命に関わるような事故が起こるのかと不思議に思う。
自然界の人間に害を及ぼす昆虫類の増加?それとも人間が弱体化してきた?
名無しさん
ヒアリよりマダニが怖いわ…
名無しさん
野良猫でも逃げなくて人懐こいと、つい撫でたりしてしまうよね。擦り寄ってくる事もある。子供にも気を付けさせないとね。良心で保護した猫に噛まれて亡くなるとは心苦しい…御冥福をお祈りします。
名無しさん
猫に噛まれたからっていうより、猫に付いてたマダニに噛まれたって方の可能性はどうなのかな?
名無しさん
この感染症の怖さが周知される前に、シャンプーをしても防げなくて、前に最後まで飼っていた愛犬にマダニが多く付いていて。
移動しているマダニを見つけると。家の母親が、梱包に使うプチプチみたいでマダニを爪で潰すとプッチンと弾けて快感ということで、よくやっていたけど。
今思うと恐ろしいことをやっていたんだね。
名無しさん
こちらの方がヒアリより昔からいるっぽいけど、接触の頻度や死亡率考えたらこっちの方が現状怖いよなぁ。
名無しさん
こりゃ怖い。
飼い猫でも外で遊ばせてたら、マダニに感染してる可能性があるのかな?
スポンサードリンク
gaogaogerogero
向かいの家の犬が、首の後ろ思いっきり噛まれてました。
最初黒いカナブンかと思ったら、マダニでした。
病院連れて行って取ってもらったらしいが、特殊なペンチでないと取れないらしい。
その犬は、今もフツーに生きてます。
名無しさん
もうちょい詳しく書いてくれないとよくわからない。噛んだ猫の行方は…?
保護してその人が飼っていたのか?
亡くなった女性が、直接マダニに噛まれた形跡はなかったのか?
jet20051127
さすがにこれは運が悪かったとしか言いようがないですね。
ただ最近は半袖どころか半ズボンで山や草むらに入る人が多過ぎてびっくりします。
昔からマダニだけでなくヒルの被害を減らすために、山や草むらに入る時は極力肌を出さないよう長袖長ズボンが基本と言われていたのに、最近は欧米のアウトドアスタイルを元にしたオシャレで涼しげに見える半袖半ズボンでアウトドアをしている映像や写真がテレビや雑誌によく出ており、それに影響を受けて無防備な服装で山や草むらに入る人が増ているのでしょうね。
あとポイズンリムーバーやティックツウィーザーもあれば便利です。
名無しさん
マダニが原因の感染症になって病院に行っても、医師がマダニ感染を疑わない場合が多いのです。
私の友人は高熱が出たまま原因が分かるまで10日近く掛かって、死にそうになりました。
医療関係者に対する教育をしっかりやって欲しいです。
名無しさん
何故今なの?
衛生状態も悪い昔もこんな病気あったのかな
yahoui
マダニって山だけかと思ってたけどそのへんにもいるのか
ヒアリとかマダニとか変な蚊とかおっかないな
猫自身はマダニのせいで弱ってたのかな。大丈夫かな
名無しさん
マダニなんてそこら中にいるのに…
山に行かなくてもちょっとした公園に生えている草の裏側や
家の庭に生える雑草にもいる。
飼っている犬には定期的にフロントラインを投与してるけど
くっつかない訳じゃないし…
ワクチン無いのが不安。
名無しさん
女性は猫に噛まれたのですよね。
よくわからないのですが、マダニに血を吸われた猫はウィルスの保菌者になる可能性があるということなのでしょうか。
菌を保有している動物に噛まれると、発症する可能性がある、と。
噛まれると唾液から感染するのですか?
すると、野良ネコに爪でひっかかれるのは大丈夫なのでしょうか?
ご存知の方いらしましたら、教えていただけると嬉しいです。
名無しさん
これでなくても、動物に噛まれたり引っ掛かれたりして病気になることはあるから、注意が必要ですね。
猫引っかき病というのもあるし。
名無しさん
亡くなられた女性がマダニから直接感染した可能性はゼロなのか?マダニから感染した場合と、猫を経由して感染した場合とで明確な違いが確認出来たと言うのなら、それについても詳しく説明してもらいたい。保護猫4匹と生活している身からすると、この記事だけではちょっと不確かな感じがしてしまう。
名無しさん
あまりにレアな事故は怖れなくても良いと思うけどね。
むしろこんなことで保護されるべき野良猫が救われないようになったら、亡くなられた方もうかばれない。
名無しさん
猫から人に感染する病気はない(例外が妊婦にトキソプラズマ)というのは、猫のペットとしての強力なアドバンテージだったのだ。恐ろしい話だ。
飼い猫は確実に室内飼いすることでリスクがほぼなくなると思うが、ノラが心配。
名無しさん
怖すぎ、世界初なんだ、西日本と場所を曖昧にしてるけど、何か問題あるんかな?
名無しさん
10代、20代の頃、実家で飼っていた猫によくマダニがくっついてて(その時はマダニなんて知らなかった)一緒の布団に寝ていたので、自分にも何回かくっついてた。しかも、無理やりひっぱって一部が体に残ったりもした。
今から思うと恐ろしい…
若いから大丈夫だったのかな。
家族も無事でよかったよ。
名無しさん
感染経路が不確実な記事です。
マダニから直接、人へのSFTSウイルスの感染の事例は無いのか?。
有るとすれば、その女性はマダニのいるような所には行っていないのか?。
かんだ猫を捕獲してSFTSウイルスに感染していたかどうか調べたのか?。
名無しさん
マダニはどこにでもいるみたいじゃない。
猫じゃなくても直接刺される方が多いでしょ。
無理やり猫のせいにしようとしてない?
名無しさん
野良犬は最近いなくなったけど野良猫は多い。猫も犬と同じく鑑札が必要な時代かも。
名無しさん
こうしたニュースが流れると、猫だけがマダニを媒介すると考える人々が増えるように思う。
リードを着けて散歩させている犬でも、草むらでマダニに噛まれる事があると聞いた事があります。
正しい知識を報道して欲しいと思いますよ。
ブルーカラー
 ダニなんか大昔からいるだろうが歴代飼い猫で見たこと無いな? ところでなくなった女性は健康の前提と思うけど体調不良で免疫力が弱ってた話は記事から割愛して無いかな? 疑って悪いけど、多々信用力無いからね。
名無しさん
ちょっと草むらを歩いただけでも付いてしまうみたいですね、ある意味ヒアリより怖いかも。

 

スポンサードリンク