3歳の女児が死亡する事態となってしまった埼玉、群馬のO157事件。店側のずさんな管理が原因であるとの見方が強まった。